読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゆみん

見た目25歳。中身は永遠に3歳のこども。な、あゆみんの頭と心と体を書いていくブログ☺︎

母の過保護、、、最高。サイコー!!!

過去の嫌な思い出って、
実は自分の才能開花のお手伝いしてくれてたんだよ。

 

 



例えばね


私は幼稚園の時から、
親に大事に大事に育ててもらってきたのね。

 


ちょーー愛情たっぷり。

 

 

 


うん、いいことだよね。
父上母上、ありがとう(T . T)

 

 

 

 

 


でもね、
 

 


私的には、実は不満だったんだよ。
 


贅沢かもしれないけど。笑

  

 

 

 


・野菜を包丁で切りたいのに、


母は「 危ないからダメ!端っこのここだけ切って!」

ええー、、。あゆみだって1人でできるのに!

 

 

 


・ホットケーキ作るとき、
全部の工程を1人でやりたかったのに

母「 ダメ!あゆは混ぜるのだけやって。あとはママがやるから。」

 

ええー、、なんでやらせてくれないの??あゆみだってできるもん!!!
 

 

 

 

・免許取ったから、自分で車を運転したいのに


母「 ダメ!やめて。
危ないからしないで!
大人になった気でいるんじゃないわよ!」
 
ええー、、
運転しなかったらもっと下手になるじゃん!!
運転くらいさせてーや!!!
 

 

 

 


・私は普通のタイヤの大きい自転車に乗りたかったのに、


母「 ダメ!折りたたみ自転車にしなさい!」

ええー、、折りたたみとか、みんな持ってないし、、みんなタイヤ大きいし、、、(T . T)


 

 



・私は普通の赤いランドセルが良かったのに
 

母「 こっちのほうがかわいい!ピンクっぽくて、横型の!こっちのほうがかわいい!こっちにしなさい!」
 


ええーー、、
みんなと違うランドセルだから、
なんか男子とかにイジられるしからかわれるし、、やだし、、、(T . T)

 

 

 

 

・私はたくさん海外の旅をしたかったのに、
 

母「 ダメ!何かあったら誰が責任取るの!死んだら何にもならないんだよ!?
お願いだから出かけてばっかりやめてよ!」
 


ええーーー、、
あたしゃもっと自分の可能性をしんじてるのに、、、!( カッコよく行ってみた。笑)

 

 

 

 


・私が一人暮らししてる時は

 

母「 朝起きたら電話して。
夜寝る前も電話して。
しなかったら何かあったと思うでしょう!!」
 


ええーー、、
色んな人と楽しく飲み会行きたいし、
いちいち母の電話こと気にしてられないよ、、めんどくさ、、

 

 

 

 


・結婚式のバイトで知り合った人と飲みに行くって言ったら


母「 ダメ!そんな知らない人と遊びに行って、何かあったらどうするの!早く帰ってきなさい!」

 

 

ええーー、、そんなこと言ったら、
家族としか暮らせないわい、、

  

 

 

 

・ボランティア行くって言ったら
 

母「 そんなの、自分のことしっかりしてから、余裕が出来てからやりなさい!」

行ったけどね。笑

  

 

 

 


・彼氏とデートと言ったら
母「 門限は7時!!!」

門限7時は、守ってた。笑

 

 

 

 



という感じで、

辞書的な言葉で当てはめるなら


『 過保護 』


だった。
 

 

 

 

 

 


本当は、もっと自由にしたかった。

幼稚園の時から。

 

 


あゆみだって、1人でできるもん!!!

って、ずっと思ってた。

 

 

 

 


でも、

 

 

 

母が言う理由は間違ってないし、

 

反論するより言うこと聞いてたほうが楽だったし、

母は愛情を注いでくれてるんだもんなーありがたいことだなー

とか理由をつけて、

 

 


私は、だいたい、楽な方を選んでた。

 



反発するのも疲れるしさ。

  

 

 

 

 

 

でもさ、


そうやって我慢していたことってさ、

 


あとあとまで根に持ってるもんだよね。笑

 

 


私、根に持ってたもんね。爆

 

 


根に持ってるつもりなかったけど、
ちゃんと、根に持ってた。。笑

 

 

 

 



私、大学の時に、

「 居場所がないよー(T . T) 」
「 自分がいつも安心して一緒に居られる友達がいないよー(T . T)」

とか悩んでたときがあってね、笑

 

 

 

 

 

そのときだって、

 

 


「 ママが過保護だったからだ!!」

 


とか、
母のせいにしようとしてたもんね。笑


 



ひどいやつ、、(´Д` )笑

  

 

 

 

ママが過保護にしなかったら、

 

私はもっと自由に、
友達と遊んだり、
1人でできることもいっぱいやって成長したり、
 


もっと大学生活充実したものになるはずだったのに、、、!!!
 

 


ママが私を過保護に育てたせいだ、、、!
 


本当はもっと、自分で自由にやりたかったのに、、、!!!

 


エーーーーーーン!!!(T . T)(´Д` )

 

 

 


みたいな感じで。笑
 

泣いてた。笑

 

 

  

 

 

 

恥ずかしいけど、


正直、こう思ってたんだ。

 


母の過保護を、根に持ってたんだ、、、。(´Д` )あちゃー

 

 

 

 


でも、過保護って、愛情があるからこそじゃない?
 


だから、
 


自分の中で、
「 ありがたいことだもんなぁ。」
「 これを根に持つなんて、私性格悪いわ、、。」

って、


形だけ、折り合いつけようとしてたんだよ。




最近までは。

  

 

 

 

  

 

 

でも、また変わったんだよ〜〜!!!
考え方が!!!!


 



あんねー、


 

 

 

 

 


私いま、

ちょーーーーー、
自由にやってるんですね。( いきなりこの口調。笑)

 



こうやってブログを書くのも、

 

年甲斐もなく、家の中でモノマネ大会するのも、笑

 

ピアノが大好きって思い出して
好きなときにピアノ練習しに行くのも、


見ず知らずの人に会いに行ってるのも。


 

 

ちょーーー、自由に生きている。
 

 

 


で、


そんな風に自由にやっていたらさ


 

 

 


家族や友人から

こう言われるようになった。


 


「 自由でいいね 」


「 その活発さはどこから生まれてくるの?」


「 いやー、あゆは自由奔放だねぇ。」


「 あゆは芸人になれ!」

 

 

笑。


 

 



こんな感じでさ、

 


ポジティブな感じで、


家族も受け入れてくれるようになったのね。


 



あんだけ、


制限されて、
過保護にされて、

ちゃんとしなさい!


とか言われてたのに。




 



今となっては、


モノマネ大会ひらいたら、
あの母も、腹を抱えて笑ってくれるようになったよ。笑



 



でね、


多分これは、

 

 



母の過保護のおかげなんだ。
 

 

  

 

 

 
仕組みはこう↓↓

 

ーーーーー


母が過保護に育ててくれた



私「 もっと自由でいたいのに!」
「 もっと1人でできるのにー!」
という強い反発心。

 

 

その強い反発心が反動となって、
今、私の自由奔放さが半端ではなくなっている。笑




母の過保護があったからこそ、
「 私は自由を大切にしたいんだ 」
という本音に気がつけた。



おかげさまで、
自由さに火がついて、
自由度が異常値になった。





自由度が異常値になったら、
周りも認めざるを得なくなる。
( まいりました的な感じだろうか )





結果、
あゆはそのままで行け!
その自由奔放さを大事にして生きて行け!


と、親が言ってくれるようになる。
   

ーーーーーーー

 


こんな感じのしくみ。笑



 



ただのおふざけ野郎の話ですか?ポカン


となる人もいるかもしれないね。笑



 

 


でもね、
私にとっては大事な大事なことなんだ。


 



だって、

つい最近までは、

自分が自由になれなったこと
自分が大学で居場所がなかったこと

 

 

を、
母の過保護のせいにしてたからね。

 

 


表面では、「 ありがたい 」
と思っておきながら、


心の底では、やっぱり根に持ってたんだよ。

母の過保護のせいにしてたんだよ。


 

 

 

 




でも、

最近ようやく、


 


本当の意味で、

母の過保護を感謝できた。

  

  

 

 


したかなく感謝する。
感謝すべきだから感謝する。

じゃなくて。

 

 

 


本当に、ありがとう。
過保護に育ててくれてありがとう。



と思えている。



 



だって、


母が過保護に育ててくれなかったら、


たぶん、
今、

 

中途半端な自由野郎が出来上がってたもん。笑

  

 

 

 


モノマネ大会だって、

きっと恥ずかしがってやって、

逆に、見てる相手が恥ずかしくなっちゃうよー
 



みたいになってたんだろうよ。w


 

 

 


 



母が過保護に育ててくれたおかげで、


「 私には、自由が大切なんだ。」という自分の本音に火がついたし。

  

 

 

 

母が過保護に育ててくれたおかげで、

 

その反動で

やたら根拠のない自信を持った、ハッピー野郎がここに存在している。笑

 

 


 

f:id:ayu-minmin:20160706014151j:image

いえーい こんにちは。

 


 

 



母の過保護なくして、

今の私はいないんだ。





ああー、


ママ〜、


過保護に育ててくれてありがとね。


当時は本当にめんどくさくて、
本当に、自分の力を過小評価されてるみたいで、

すごく嫌だったけど。



 

 


今となったら、

母の過保護を、ほんとうに、感謝してます。

 

 

  

 

 

 

 

うん。

私も娘が生まれたら、
ちゃんと過保護に育てよう。

 

 

 

  

 

 

ん?

  

 

 

おん??

 

 

おい????

 

 

 

そんな結論か????? 

 

 

  

 

 


ガッハッハ!!!( ̄▽ ̄)
ベロベロベ〜〜!!!!( ̄▽ ̄)

 

    

  

 

 

 

おい。

ついてこれてるか????

  

 

 

出遅れるなよ!!若者どもよ!!!

 

  

 

 

 

 

 

憎たらしいで有名のあゆみんです。

以後もよろしくね!!♡笑

  

 

  

  

 

( 最後ふざけちゃったけど、

内容は本気だよ!!

ままありがとーーー!!!!!)