読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ行けっ!あゆみん

自分の枠をどれだけ広げられるか実験中の、私の脳内を垂れ流したいがためのブログです♡笑 内容は、ピアノ、文字書く、泳ぐ、モノマネする、温泉、顔の筋肉動かす、新しいこと挑戦する、日々の考え、他いろいろ!!めまぐるしい日記になりそうです。

個性派が増えすぎて逆に「個性的でない」気がする問題

いや別に問題じゃないけどね!笑

 

 

なんか最近、

 

「個性を大事にしよう!」

「個性的なのって素敵!」

「それじゃ個性死んじゃうぞ!」byさんまさん

「個性的なファッションで道を歩いてる人、堂々としてて憧れるわ!!」

 

 

という雰囲気が身の回りで漂っている。

  

 

 

よね?笑

  

 

 

 f:id:ayu-minmin:20170310224655j:image

 

 

まあ、

SNSもこんなに発達して、

芸能人でなくても

一般庶民が独自の発信ができるようになったからね!!

  

 

 

いやはや、

すごい時代だよね〜

   

 

 

私が生まれた1991年くらいには、

まだそんなにインターネットは発達していなかったらしくて

 

(恥ずかしながらこの事実を最近しりました。笑)

 

(当たり前に、インターネットなんて50年くらい前から普通にあると思っていたもの)

 

  

 

インターネット、すごいなあ〜〜〜

  

 

 

てかさ!

 

 

インターネットって何?

(素朴な疑問)

  

f:id:ayu-minmin:20170310224716j:image

 

 

電波って何?

 

どうしてワイファイで海外の人と

無料で電話ができるの?!

 

インターネットってすごくない?!

 

毎日普通に使ってるけど!!

 

スマホでグーグル使ってるけど!?

 

 道端で調べ物できるなんて

今や当たり前となっているけれども!!!

 

 

  

 

 

 

結論:インターネットは、すごい。

 

 

 

 

 

 

   

f:id:ayu-minmin:20170310224727j:image

 

 

 

 

 

結論出てしまった。。。

 

  

  

 

 

終わった。。。

 

 

 

 

 

いや、終わりません。

 

 

 

 

  

f:id:ayu-minmin:20170310224716j:image

オワリマセン

 

 

 

 

 

インターネットはすごいって言いたかったわけじゃないんです!

  

 

とはいえインターネットはすごくないってわけじゃないよ!

インターネットはやっぱりすごいもん!

ビルゲイツビルゲイツだもん!嘘じゃないもん!(メイちゃん)

  

 

 

インターネットそのものもすごいけど、

「インターネットっていうものを開拓できるんじゃね?」

と思うことのできた最初の人が、本当にすごいよね。。?!

 

最初の人って、え、ビルゲイツだよね?!

 

 

  

 

 

そんなわけで

 

  

   

 

結論:インターネットは、すごく、すごい

 

   

(すごくない  に一瞬見える。笑)

 

 

 

 

そろそろ飽きてきた頃でしょうか。笑

 

  

 

 

はい、、飽きてきました。。

 

  

 

すごく、飽きてまいりました。。

  

 

 

季節も秋めいてきてしまうほどに、

 

飽きてまいりました。。。

 

 

 

 

 

 

結論:秋めいてきました。

 

 

 

 

20代半ばになると「結論:」を使いたくなるという噂はどうやら本当だったみたいです。私が今おもいついた噂だけど。

 

 

 

 

話を戻して(*゚▽゚*)

 

 

(*゚▽゚*)

 

 

(*゚▽゚*)

 

 

  

 

個性派が増えすぎて、逆に「個性的でない」問題ですねっ

 

  

 

いや問題じゃないんだけどねっ(二度め)

 

  

 

 

皆さんは、

『個性』ってなんだと思いますか」?

 

 

『個性』かあ〜

 

 

(私も今考えている風)

 

 

 

『個性』って、

なんだろう?

 

   

f:id:ayu-minmin:20170310224655j:image

 

 

 

『個性がある』褒め言葉に聞こえるし

 

逆に『個性がない』けなし文句のように聞こえる。

 

 

じゃあ、

 

『個性がある人』というと

どんな人が思い浮かぶだろう?

  

 

 

・奇抜なファッションしてる人?

・年上にもタメ口な人?

・他の人とは逆のことを言っている人?

・若くして会社を立ち上げている人?

・いい歳してピンクの服着てツインテールしてる人?(ももち。最近見ません)

・爪が鬼のように長い人?

・小中高大 というルートから外れて世界一周とかしてる人?

・鼻ピアスたくさんしてる人?(痛そう)

・2歳なのに茶髪で襟足だけ伸ばしてる子?

・ヒョウ柄シャツにゼブラ柄のパンツにうさぎ柄のハット被ってる人?

(うさぎ柄とは)

・お金儲けして豪遊してる人?

・引きこもりから一発逆転して豪遊してる人?

 

・・・・

 

  

 

(豪遊してる人 という響きがなんかツボで書きたくなっちゃう)

 

    

 

『個性的な人』ってどんな人なんだろうね?

  

 

私はあんまり思いつかなかった。。笑

見ての通り。思いつかなさすぎて、ふざけはじめてしまったもの。

 

 

 

でもね、

 

「個性』というものを

【勘違い】してる人はとても多いんじゃないかな?と思う我。

  

 

・個性的=奇抜な人

・個性的=目立ってる人

・個性的=他とは違うことをする人・言う人

・個性的=正規ルートの人生から外れている人

・個性的=若くして大きなことを成し遂げた人

・個性的=豪遊してる人

・個性的=普通じゃない人。笑

 

こんな風に思っている人が多い。

 

  

 

正規ルートな人生ってなんぞや?

って思うけど、世の中一般的に言うと

高校でて大学出て就職して結婚して家庭に入って〜

みたいなのを想像すればいいんじゃないでしょうか。

(投げやり風)

 

  

 

・個性的=奇抜な人

・個性的=目立ってる人

・個性的=他とは違うことをする人・言う人

・個性的=正規ルートの人生から外れている人

・個性的=若くして大きなことを成し遂げた人

・個性的=豪遊してる人

・個性的=普通じゃない人。笑

 

 

どうだろう?

  

 

あなたにとっての

『個性とは』の定義のうちの

どれかには当てはまってるんではないだろうか?

 

 

 

でもさ?

 

 

違うのだよ。。。

 

 

個性とはね。。

 

 

『自分の好きや性質に素直で、かつそれを納得している』

 

ことだと思うの。

 

 

なんか良い言い方ないかな、、笑

 

伝わるだろうか?

 

 

『自分の好きや性質に素直で、かつそれを納得している』

 

 

個性的

 

=個人(自分)の

=性質を

(よく理解して、それを認めて素直に従って、それが自分に)

=適しているなあ、と自信を持って納得して生きているさま。

 

 

アイウエオ作文にして見たよ!笑

 

ほぼこじつけなのは許しておくれよ!

 

 

 

だからね、何が言いたいかと言うと

 

個性的な人っていうのは、

別に普通の人でもなり得るんだよ。

 

 

 

周りから見たときに

 

・なんの変哲も無い人生で

・なんの目立った経歴もなくて

・なんの奇抜な特技もなくて

・なんの大きなことも成し遂げてなくて

・なんのファションセンスもなくて

 

と思われるような『フツウ』の人でも

 

 

その本人が、

自分自身でその人生のことを好きでいて

「自分とは、こうだ」と胸を張って向き合って生きている人

それでもう『個性的』なのだ。

 

 

だって、

 

自分はこういうことが好きで、こういう人生が理想で、こういう家族像を描いていて、こういう考え方で世界を見ていて、その結果、こういう人生を送っています。

 

って、きちんと自分の性質を理解して、それを実行に移している人、

魅力的じゃない?

 

かっこいいわ。。。

 

 

 

もうさ、

 

個性的=目立つ人

個性的=奇抜な人生歩んでる人

 

っていう公式自体が、なんかダサい。

 

 

いや、決してそれ自体がダサいのではなくてね

 

 

結果的に

 

個性的な人が、目立っていたり、奇抜な人生を歩んでいる人である

 

ってことは大いにあるよ。

 

でも「あくまで結果的に」です。

 

 

変だな〜と思うのはね、

 

『個性的になりたいから、奇抜なことしよう!・:*+.\*1/.:+』

 

みたいな、変な意気込みや定義のことです。

 

 

 

「みんなとは違ったことやれば、個性がある人って思われるだろう」

 

みたいな、そういう意識のことです。

 

 

「みんなと違ったことすれば、目立てるだろう」

というその意識こそ、フツウすぎる。

 

 

個性を求めるが故に、

その姿がまさに個性的でない。というパラドックス

 

 

「個性が欲しいから普通とは違うことしよう」

という、短絡的な圧倒的フツウさ。

 

 

 

伝わっただろうか?

 

 

お分りいただけただろうか?

 

 

 

だからね、

自分の人生、なんの個性もなくて、つまらない人間だわ。。。

って悲観的にならなくていいんだよんさま!

(誰もなってないってか)

 

 

このフツウさが、ワタシダ!!!ガッハッハ( ̄▽ ̄)

 

どうだ!フツウだぞ!?なかなかできないぞ?!

フツウな人生、超楽しいぞ?!

 

今時いけてるのは、「フツウ」でしょ!!

 

 

くらいに思っている人の方が

かっこいいし見ていて面白いよね!w

 

 

まあ、

それを強がって言ってたら、

それは本末転倒ですわよ?( ̄▽ ̄)

 

 

 

結果、普通か奇抜かはどうでもいいの。

 

 

何が大事かって、

 

自分の性質をよく知ってあげて、

認めてあげて、

これが私なんだと納得して生きられること。

 

これが大事なのだ。

 

 

こういう風に生きれる人が

【個性がある人】ということなのだ。

 

 

 

おかわりいただけただろうか?

 

(おかわり って書いてあるのに気づけたかな?( ̄▽ ̄)笑)

 

 

 

そういうこと!

 

 

さあ!みんなで言ってみよう!!!

 

 

So!!!  You!!!  Court!!!! (そうゆこと!!)

 

 

 

f:id:ayu-minmin:20170310224716j:plain

またね〜( ̄▽ ̄)ノ♪♪

 

 

*1: °ω°